前へ
次へ

かかりつけ医制度のメリットとデメリット

日本の国家支出のうち医療費に関する割合は大きなものになっています。
大きな病気でもないのに大病院にかかると、本来、大病院での診療や治療が必要な患者さんが、必要な医療を受けることができないことになります。
そこで、まず自分の住んでいる地域の開業医をかかりつけ医として、何あった場合は、そのかかりつけ医にまず診察してもらうことが提唱されています。
そこでの診断により、大きな病院で検査をしてもらった方がいいと判断された場合は、紹介状を書いてもらって、大きな病院で診察、検査を受けることになります。
この制度により、重い病気の人など、大きな病院での治療が必要な患者の治療に特化することができます。
一方で、危惧されるのが、かかりつけ医は万能ではないということです。
もし、かかりつけ医が重大な病気であることに気づかす、誤った診断を行い、処置をした場合は、患者にとって致命的な事態となります。
開業医も診療科が特化されていますので、患者の主訴が他の病気に結びつかない場合もあります。
開業医と大病院の連携制度の整備が急務です。

根本から治してもらいたいなら

富士市十兵衛のスゴイ治療器で有名な整骨院は望月整骨院

丁寧に検査・カウンセリングを行い症状を改善できるよう施術します
身体全体の状態を把握し、それぞれの身体に合わせた不調を根本的に改善できる合わせた施術を行っています。

安心してマウスピース等の製作を依頼できる会社はこちら
最初から最後まですべて自社製作のため、患者様1人1人のニーズに細かく対応できる製品を製作できます。

心身ともに気を使ってくれる接骨院はこちら
話しやすくて何度も通いたくなる接骨院です

Page Top